メルマガ

今回はメルマガについてです。

 

【メルマガ】

自分メディア化でソーシャルメディアの次はメルマガです。

結論から言いますと、メルマガはマーケティングに
レバレッジを
かける事では必須です。

もうメルマがは古いとか通用しないとか色々言われますが、
全くそんな事はありません。

それは広告しか配信してこなかった人達の言い訳です。

しっかりコンテンツを提供し続けていれば今でも全く問題ありません。

しかもお客様とこれだけ格安で多くの人達に届けられ、
コミュニケーションができるツールは他にありません。

ソーシャルメディアはどちらかと言えば、プル型で
見に来てくれるのを待つツールです。

メルマガ(最近ではライン)だけがプッシュ型でこちらから
アクションを起こせるツールです。

そんなメルマガですが、他社配信を使用するか、
自社配信を使用するかの2つに分かれますが、両方行って欲しいです。

他社配信で有名な所はまぐまぐです。

あなたの商品・サービス内容で出せる情報あるいは専門家としての
立ち位置で出せる内容をまぐまぐを使って配信してみて下さい。

これはブログやソーシャルメディアと内容が被っても
慣れないうちは構いません。

やり始める事が大切です。

まぐまぐでは審査がありますが、審査に通る為にはある程度の
ボリュームと広告を載せないという事が基本です。

他社にも色々と存在はしますが、まずはまぐまぐだけで十分です。
どうしてもまぐまぐなどは出来ないという方はせめて
自社配信のメルマガは行って下さい。

それは自社配信できるメール配信会社を使って
顧客に色々な情報を伝えて行くという事です。

顧客が少ない内はアウトルックのBCC機能を使ってでも良いので
とにかくお客さんとは密に連絡を取って下さい。

そしてメルマガ読者が増えないとモチベーションが上がらない
という方々もいらっしゃいます。

そのような方々は読者増サービスというモノが世の中にはありますが、
質という意味ではあまり期待はできません。

また無料レポートスタンドというモノがあり、そこへ無料レポート登録
して他の人のレポートを紹介するとメールアドレスがもらえるサービス
もあります。

このようなスタンドを利用するのも1つの手ではあります。

ただし、これも質という意味からはそれ程期待できません。

またメルマガの相互紹介を依頼していく事も有効です。

それが面倒ならメルマガ相互紹介を斡旋するサイトもあります。

これらの質が悪いリストは必ず教育をして行く必要があります。
直ぐに何かを売りつけようとしても全く効果がありません。

普段から有益な情報を与えるマインドを持って取り組んで
いれば、そんな質の悪いと言われるリストも変わります。

またもちろんですが、ソーシャルメディアで告知しても良いです。
それが無料であれば問題はありません。

これはソーシャルメディア内の関係性にも関連しますが
比較的質の良いリストとなります。

いずれにしてもメルマガは他社配信・自社配信に関わらず
必ず実行して下さい。

リアル店舗をしている人達でも例外ではありません。

クライアントである治療院ではメルマガを発行している
おかげで脅威のリピート率を誇っています。

 

 

集客の学びを止めた瞬間、事業運営も止まる

お問い合わせはこちら