マーケティングレバレッジ構築9ステップ

マーケティングレバレッジに入り、kisVairの仕組みを
構築していく段階に入ります。

 

前回お伝えしたkisVairの定義は再度ご確認下さい。

マーケティングレバレッジとは?

 

それではkisVairの仕組み・流れを大まかに3つに
分けると以下のように分かれます。

 

■kisプロセス-告知フェーズ

■Vプロセス-対面フェーズ

■airプロセス-顧客化フェーズ

1つ1つ分解して考えても良いですが、
ここではまとめて3つのフェーズで捉えて
仕組みを作り上げても問題はありません。

 

そして今までお伝えしたkisVairプロセスは顧客側からの視点です。

 

販売側である我々は逆から構築していきます。
つまりairVkisです(これはとても重要です)。

 

それではそれぞれのフェーズで必要なツール
などの詳細をお伝えします。

 

詳細を説明した後に前述しましたが、
私の英語ビネスモデルをそのまま丸パクリして
もらったあるお客様の事例を元に仕組みを作って
行った経緯もお伝えしますので参考にして下さい。

 

それではマーケティングレバレッジを構築する
9つのステップです。

 

★マーケティングレバレッジ9ステップ★

ステップ1:想定顧客フォーカス

ステップ2:想定顧客フュージョン

ステップ3:顧客化ツール(airプロセス)

ステップ4:必要リーチ数

ステップ5:対面ツール(Vプロセス)

ステップ6:ハブのメディア検証(kisプロセス)

ステップ7:コンテンツチェック(kisプロセス)

ステップ8:ハブのメディア選定(kisプロセス)

ステップ9:集客PDCA

 

【ステップ1:想定顧客フォーカス】

 

ステップ1の想定顧客フォーカスはこの
レバレッジ集客法をご覧頂いている方は
既にお分かりだと思います。

 

戦略レバレッジパートのベネフィット軸にありましたね。
ベネフィットを導く為に顧客フォーカスをしました。

 

集客にレバレッジをかけるには顧客フォーカスは欠かせません。
このステップは以前にお伝えしているので
詳細は戦略レバレッジパートをご覧下さい。

 

【ステップ2:想定顧客フュージョン】 

ステップ2の想定顧客フュージョンもこのレバレッジ集客法
をご覧頂いている方は既にお分かりですね。

 

これも戦略レバレッジパートの
ベネフィット軸にありました。

 

顧客フォーカスをして絞った想定顧客の頭の中へ入り込む。
その為にペルソナ作成とペルソナストーリーを作ります。

 

このステップも以前に戦略レバレッジパート
でお伝えしておりますので詳細はそちらで確認して下さい。

 

そしてステップ3に入りますが、
ステップ3は長いので次回に分けてお伝えします。

 

マーケティングレバレッジを構築するには
9つステップがあり、我々事業者側はkisVairの
airから構築していくことだけは覚えておいて下さい。
(kisVairの流れはあくまでも顧客目線の流れです)

 

 

 

 

集客の学びを止めた瞬間、事業運営も止まる

お問い合わせはこちら