セールスメッセージの編集

それではセールスメッセージパートの最後です。
編集する最後のステップを紹介しましょう。

 

【ステップ3:編集する】

 

最終的にメッセージが出来上がったら、
編集作業に入ります。

 

今までも少し出て来ましたが、ここでは特に想定顧客が
買わない理由を挙げてそこにちゃんと対策を
打てているか検討して下さい。

 

更に文章を読んでお客様が感じる事(疑問や障害など)を
先取りして質問したり伝えたりして下さい。

 

EX:

あなたの伝えたいメッセージが分かったけども値段がね・・・
⇒お得感を出して伝える

あなたの伝えたいメッセージは分かったけども信頼性がね・・・
⇒信頼性を提示する。

あなたの伝えたいメッセージは分かったけども使えるか不安でね・・・
⇒使えるイメージ(ビジュアルを使っても)提示する。

あなたの伝えたいメッセージは分かったけども注文が面倒でね・・・
⇒注文しやすい方法を分かりやすく伝える

あなたの伝えたいメッセージは分かったけども
クレジットカードの番号を取られるのが心配でね・・・
⇒セキュリティサイトであることを伝える。

あなたの伝えたいメッセージは分かったけども
万が一気に入らなかったらね・・・
⇒返金保証を与える

あなたの伝えたいメッセージは分かったけども
実際使いこなせ無かったらね・・・
⇒アフターフォローの対応を伝える。

 

などなどです。

 

ここで必要なのはお客様はあなたのメッセージを
読んで何で買わないのか?という事を常に自問自答して
行来ながら編集する必要があります。

 

そこに少しでも流れが悪いと購入への感情が動きません。

 

流れは論理的で文章は感情を伝えて行く事が基本です。
それでは編集する際のチェックポイントをお伝えします。

 

<1:リズムを重視する>

これは文章の長さなどにバリエーションを与えて
単調にならないように工夫するという事です。

また文章の長さと同様に言葉遣いにもリズムがあります。

基本的に想定顧客が使う言葉で書くのがベストですが、
丁寧な表現や時には命令調の表現などで終る
リズムもあると飽きません。

<2:文章をまとめる>

意味がほぼ変わらないように長い文章を短くまとめます。

<3:不要な語句を取る>

「その」とか「あの」とかいった言葉をつい付け加えてしまう
ケースがあるのでそれらを取り除きます。

<4:順序を変える>

場合によっては論理的な構成の順序を変えてみる事も1つの案です。

私の場合は編集する際に最初書いたものは全てワードで
残して2回目の編集ではタイトルに2、3回目
では3と記していきます。

 

そうして徐々に洗練されたものに仕上げていきます。
ただし最初のラフアイディアは手書きで書く場合もあります。

 

編集が終わり出来上がったと感じたら少し寝かせて
(セールスメッセージから離れて)下さい。

 

そして再度読んで出来れば周りの知人や
家族に読んでもらい意味が通じるか、
買いたくなったか?などの感想を聞いてみて下さい。

 

とにかくどうやったら意味がほとんど
変わらずにもっと短く出来るのか?

 

という事を自問自答しながら編集して下さい。

 

長々と説明する営業マンより簡潔に説明する
営業マンの方が魅力があるのと同じです。

 

さぁ、以上です。

 

ここまで私が提唱するレバレッジ集客法
ビジネス戦略であるabups戦略です。

 

少しボリュームもあって大変だな・・・
と思ったかも知れませんが、

 

逆に言うとこれぐらいやるからこそ
結果を出せるのです。

 

最初は色々大変だと感じるかも知れませんが、
何度も読み返して実践して行くうちに必ず慣れていきます。

 

集客の学びを止めた瞬間、事業運営も止まる

お問い合わせはこちら