セールスメッセージ ベネフィットフェーズ

セールスメッセージパートの続きです。

 

それではまず1番目のBenefitフェーズから説明してきます。

 

ベネフィットって何だか覚えていますか?

 

忘れてしまった人は戻って確認して下さいね。
ベネフィットとは・・・

「お客様があなたの商品・サービスを通して得られる
 最大のメリット」です。

 

お客様にとって一番得になる部分です。

 

更にそこには叶えたい世界、叶えたい
世界の裏に潜む逃れたい世界がありましたね。

 

★ベネフィットフェーズに入れる構造★

 

1:キャッチコピーパート

2:リードコピーパート

3:ボディコピーパート

<1:キャッチコピーパート>

●役割:

ベネフィットの提起・想定顧客の明確化呼びかけ・
相手の悩み・問題を解決するオファーの提示・相手に
メリットのあるオファーの提示そして出来れば短く、簡潔に。
一番大切な箇所。最低25個は候補を書きだす。

 

●必要な要素:

具体性、共通の敵、2つの世界(叶えたい世界と裏にある
逃れたい世界)、興味性、反社会性。予防商品なら
ネガティブキャッチ、解決商品ならポジティブキャッチが有効。
このパートは次のリードコピーの第一文を読んでもらう為に存在する。

 

<2:リードコピーパート>

●役割:

キャッチの補足・想定顧客の明確化 コンセプト提案
このパートは次のボディーメッセージの小見出し・第一文
を読んでもらう為に存在する。

 

●必要な要素:

キャッチコピーに含まれる要素を更に具体的に。

 

<3:ボディコピーパート>

●役割:

ベネフィットに繋がる問題点の提起・コンセプトの
提案・コンセプトの信頼性・小見出し・物語の写真・絵など
そのキャプションを付けて表現する。
このパートは次のUSPフェーズの第一文を読んでもらう為に存在する。

 

●必要な要素:

リードコピーに含まれる要素を違った視点で具体的に。
テクニック要素:動画や写真、顧客の声を使用するなど。

 

以上がベネフィットフェーズに入れる要素です。
次回はUSPフェーズに入れる要素を紹介します。

 

集客の学びを止めた瞬間、事業運営も止まる

お問い合わせはこちら