セールスメッセージの3ステップ

前回のセールスメッセージを書く時の3ステップです。

 

 

 

【ステップ1:リサーチする】

 

ステップ1はリサーチです。

 

セールスメッセージはテクニックではありません。
リサーチする力が何よりも大切なのです。

 

セールスメッセージを書けないという事は
つまり顧客やあなたの商品・サービス、業界、
ライバルなどリサーチ不足が原因です。

 

テクニック的な部分はもちろんありますが、
リサーチ無くしてセールスメッセージなどは書けません。

 

そしてリサーチとはつまりあなたがここまで
行って来た戦略レバレッジ構築の部分です。

 

ですから先ほどもお伝えしたように、
ここまでしっかりこなしていればセールスメッセージ
はスムーズに書けます。

 

【ステップ2:実際に書く】

 

それではリサーチが終わり、
実際にセールスメッセージを書いて行く手順です。

 

まずセールスメッセージには以下の大原則が
ある事を忘れないで下さい。

 

大原則1:お客様はあなたを信じない

大原則2:お客様はメッセージを読まない

大原則3:お客様は行動しない

 

この3つの大原則をいつも頭に入れて書くようにして下さい。

 

私はコピーライティングの師匠から教わりました。
ちなみに私はその師匠とジョセフ・シュガーマンに
セールスメッセージの影響を受けています。

 

私なりにそれらの教えを噛み砕いて
なるべくシンプルにでも必ず必要な要素
を取り入れています。

 

そしてメッセージを伝える最大の理由は
お客様に買う理由を教えてあげる事です。

 

前述しましたが、「どうして想定顧客はあなたから
この商品・サービスを買わなければならないのか?」
という事に明確に答えられなければ

 

戦略レバレッジは構築されていないと言いました。
メッセージでもそれを伝えて行かなくてはなりません。

そして全ての文章は次の文章を読ませる為に
存在する事を忘れないで下さい。流れがとても大切です。

 

流れが途切れる箇所を洗い出して、
スムーズに流れるような書き方が必要です。

 

その為に大見出しや小見出しも使用して下さい。

 

更に次に繋ぐ文章の為に、例えば「しかし・・・」
「そして・・・」「この・・・」という次に
繋がる文字は効果的です。

 

またパラグラフの最後に、
「この後にも続きますが・・・」や「それだけではありません」
「ポイントはここからです」などどれも次に繋がる文章との
架け橋になる言葉も考えて下さい。

よろしいですか?まとめますと・・・

 

セールスメッセージを書く時には、

 

1:3つの大原則を頭に入れておく

2:顧客の購買理由を届ける

3:全ての文章は次の文章を読ませる為に存在する

 

そしてセールスメッセージには大きく分けて
次の3つの流れとフェーズがあります。

 

1:Benefitフェーズ

2:USPフェーズ

3:Actionフェーズ

 

この3つです。

 

簡単に言えば、お客様のベネフィットをあなたのUSPで叶えて
(解決して)あげる為に購買してもらう(Action)。

 

という事です。

 

順番も基本的にこの流れで書いて行きます。

 

そしてそれぞれのフェーズ内には色々な構造と
要素を取り入れて行きます。

 

もちろんこの構造と要素は全て使う
必要はありません。

 

単価が安い商品・サービス
(フロントエンド商品・サービスなどですね)
であれば短めの内容になりますし、単価が高ければ
(バックエンド商品・サービス)長めのメッセージ内容
になるからです。

 

 

集客の学びを止めた瞬間、事業運営も止まる

お問い合わせはこちら