商品・サービス価格と流通ルート

今回はポジショニングをチェックする項目の 価格と流通ルートについてです。  

<商品・サービス価格・流通ルート>

 

フロントエンド・バックエンドの販売価格、 仕入れ価格(仕入れが発生する場合)を見極めて 商品・サービス毎で粗利額まで計算しておきます。

 

販売価格は極めて重要です。

 

Competitor Resource のパートで仲間(競合) の分析をしていた時に見つけたライバルの価格帯や 仕入原価などを考慮して最適な価格設定が必要です。

 

1つの目安として粗利率は最低でも50%以上を 目指すように価格設定は行って下さい。

 

仕入原価が50円かかるなら販売価格は 最低でも100円に設定するという事です。

 

粗利率が50%以上ないとその後に 支払う広告宣伝費や人件費などをまかなう 事が極めて難しくなります。

 

可能であれば実際に想定顧客と 考えられる人に会い、

 

モニターとして参加してもらい、 何通りかの価格帯を提示して 意見をもらうのも1つの方法です。

 

その際のモニターチェック 質問内容は以下の通りです。

 

この商品・サービスはいくらから高いと思うか?

この商品・サービスはいくらから安いと思うか?

この商品・サービスはいくらから高すぎて手が出ないと思うか?

この商品・サービスはいくらから安すぎて品質を疑うか?

 

出てきた商品・サービスごとに競合や原価を踏まえて 価格設定を行なってください。

 

そして流通ルートです。

 

フロントエンド・バックエンド 商品・サービスの流通ルート(仕入れと提供) も検証します。

 

あなたの商品・サービスをどのように 仕入れて形にし、お客様へどのように届けるのか? という事です。

 

ここでは仕入れ方法と提供方法に 特化して考えて下さい。

 

どのように販売するのか?という事は この後のマーケティングレバレッジの パートで決めて行きます。

   

集客の学びを止めた瞬間、事業運営も止まる

お問い合わせはこちら