商品・サービスのネーミングと時流

 

前回の内容からフロントエンド・バックエンド 商品・サービスを用意できたらその名前を決めて行きます。

いわゆるネーミングってやつです。  

商品・サービス名はできるだけ分かりやすく 想定顧客のベネフィットが伝わりやすいものにして下さい。

 

ここでは商品・サービス名を付けるいくつかの 方法をお知らせします。

 

「〇〇(あなたのUSP)で〇〇(顧客のベネフィット) になる法則or商品」

→これは顧客のベネフィットをあなたのUSPで叶えるという セオリーに基づいたネーミングです。

 

「あなたに〇〇(顧客のベネフィット)をもたらす 〇〇(あなたのUSP)法則or商品」

→これも基本的に顧客のベネフィットとあなたのUSPという構成です。

 

「〇〇期間で〇〇(顧客のベネフィット)を 得る〇〇(あなたのUSP)方法or商品」

→これは顧客のベネフィットを叶える期間を具体的に 出せるなら提示してあげる作り方です。

 

「昔は〇〇(顧客のベネフィット前)で今は〇〇(顧客のベネフィット) となった〇〇(あなたのUSP)方法or商品」

→これはいわゆるビフォー・アフターを示すネーミングで ビフォー部分に顧客がベネフィットを叶える前を提示して、 現在はベネフィットを叶えている状態を示します。

 

これらの例にある〇〇に言葉を入れて、 出来るだけ短く簡潔にまとめられると最高です。

 

長いネーミングでも構いませんが、 もっと簡潔に述べたい場合は顧客のベネフィット を最優先するようにして下さい。

 

ネーミングでも差別化したポジショニング が取れるケースが結構あります(本来のサービス などは似ているのに)。

 

少し捻って光の当て方を変えて ネーミングをしてみて下さい。

 

■商品・サービスの時流■

 

そして次に余裕があれば時流もチェックします。

 

あなたが提供する商品・サービスは時流に 乗っているでしょうか?

 

もちろん絶対に時流に乗っていなければ ダメだという事はありませんが、

 

時流に乗っているのであれば提供が楽になります。

 

例えば今の時代にポケベルを販売するのは無理ですね。 またあなたの商品・サービスが一見古いモノだとしても、 時流に合わせたネーミングやコンセプトがあればOKです。

 

流を読むなら、【グーグルトレンド検索】や 【各種プレスリリースサイト】を普段から チェックしてみて下さい。

 

それをチェックしていると時流を感じる事が できるようになります。

  そしてフロント・バックエンド商品・サービスのネーミング (余裕があれば時流チェック)の他にも大切な「ニーズ」 に関する検証も必要です。   それはまた次回お伝えしましょう。  

集客の学びを止めた瞬間、事業運営も止まる

お問い合わせはこちら