ビジネスコアを見つける方法

ビジネスを行う上で大切な事があります。

 

それはビジネスの軸・コアを見つけ出す事です。

 

ビジネス軸やコアなど無くてもビジネスで結果を出せる人ももちろんいます。

 

しかしそれは本当に能力の高い人であって、
なかなか凡人には真似のできる方法ではありません。

 

ビジネス軸やコアに沿った商品・サービス展開する方が
凡人には結果を導き出せる確率が高いのです。

 

そこで必要なツールとしてあなたの中に
ある金脈を掘り起こす7つの経験というモノがあります。

 

7つの経験とは文字通り、あなたが今まで
経験して来た7つの経験です。

 

現ビジネスでイマイチ成果を出せて
いないなら、最初の入り口である商品・サービスの
軸・コアの選択ミスかも知れません。

 

もちろん軸・コアだけが結果の出ていない
要因ではありませんが、

 

今一度この7つの経験から自分の棚卸しを行い、
今のビジネスがしっかり自分の軸やコアから派生されて
いるものなのかどうか見極めてみて下さい。

またこれから起業を考えている人にとっては
この軸・コアというものはそのまま起業ネタ
の重要な候補となります。

 

あれが儲かる、これが儲かるという儲け話に
目を奪われている人達のほとんどが結果が出ていません。

 

結局、そのようなパターンでビジネスを
スタートしたらお金の問題が出て来た時に
直ぐに諦めてしまうのです。

 

ビジネスは軸あるいはコアとも呼ぶべきモノを
決めてそこから派生させた方が成功確率が高まります。

 

是非、現ビジネスの軸・コアを見つける為に
7つの経験を実践して下さい。

 

もちろん現ビジネスを捨て、
新たに新規事業をスタートさせたい場合の
商品・サービスを見つける切り口にもなります。

 

私はコンサルティングでクライアントの
現ビジネスを検証してダメならそれを捨ててもらい、

 

新たに新規事業を立ち上げてもらう
ケースもあります。

 

そちらの方が早いからです。

 

いずれにしても、現ビジネスの軸・コアを見極める、
あるいは新規事業での軸・コアを見極める為に
是非実践して下さい。

 

それではなぜ、経験から軸を見極めて行くのか?
というのには3つの理由があります。

 

1:あなたと商品・サービスとの間にある感情を切り離す為。

 

例えば○○商品が好きだ!○○サービスを扱いたい!
という感情は自分軸で考えているケースがほとんどです。

 

当然ですがこれは想定顧客がそれを
欲しがらなければ意味がありません。

 

当然、あなたの価値観と想定顧客の
価値観がずれていれば売れるものも売れません。

 

経験に基づいた商品・サービスであれば、
あなたの価値観と対象となる顧客との価値観は
極めて近いものになります。

 

経験からは価値観を導きやすいのです。

 

経験というフィルターがあれば客観的に
捉えやすいので、もし大好き!ワクワクする!
という感情が商品・サービスに対して持っているなら、

 

少し感情を置いておき、経験から
その感情を冷静に受け止めて下さい。

 

2:何をやってよいか分からないケースに備える為。

 

例えば、好きな事ややりたい事、
取り得で新規ビジネスを立ち上げようとしても
中々分かりません。

 

特にもしあなた自身のセルフイメージが
低い場合は取り得など出てきません。

 

逆にやりたくない事を明確化して
その真逆をやるという方法もありますが、

 

これはこれで主観的な感情が入るので
売れる・売れないという判断が分かりにくくなります。

 

まずは経験から導き出した上で客観的に
やりたくない事と結び付ける必要があります。

 

また大好きな事を見つけるとか天職を
見つけるなんてここでは考えないで下さい。

 

3:経験の中にビジネス軸・コアが眠っている事が多い為。

 

今いるあなたは過去の積み重ねた経験で成り立っています。
あなたが様々なシーンで人生の選択を
してきた結果が今のあなたです。

 

その選択によって辛い結果となったり、
楽しい結果となったり様々あったと思います。

 

そんな経験から導き出される感情が
ビジネス軸・コアに成りやすいのです。

 

それでは実際にあなたの経験を見極めていきます。

【7つの経験】

 

<1:仕事(アルバイトや頼まれ事含む)の経験>

過去(現在行っているものも含めて)に経験した仕事やアルバイト。
この時感情的にその仕事やアルバイトが好き・嫌いは一切無視して
経験をそのまま書き出して下さい。

 

仕事やアルバイトは基本的にお金をもらって頼まれている事ですが、
お金に関係なく何か頼まれる事などが良くある場合はそれも
書き出して下さい。頼まれ事は試されごとと言われるぐらい何らかの
意味合いが込められているからです。

 

<2:趣味(興味)の経験>

⇒取り組んでいる・いた趣味、思いを馳せている・いた
興味の経験を全て書き出して下さい。

 

仕事・アルバイト同様に感情的にそれが好きだった、
嫌いだったは関係なく、あくまで経験を書き出して下さい。

 

<3:学習の経験>

過去に学習した・あるいは現在学習している
経験を全て書き出して下さい。

 

これは小学校から(算数・国語など)大学まで
行った人は大学での学習内容、

 

更に社会人となって資格取得の為に学習した経験が
あれば全て書き出して下さい。

 

ちなみにこの時点でその学習が挫折して
しまった場合でも書き出して下さい。

 

<4:連続感動消費の経験>

「良く買う」商品やサービスで感動した消費経験が
あれば全て書き出して下さい。
モノに限らず旅行などのサービスも同様です。

 

ここでは単発でしか買ったことがないものや、
ごく稀にしか買わないようなものは書かなくて結構です。

 

例えばたまたま旅行先で見つけた御団子の味に感動して、
それから連続して買っているなら書き出しますが、
その時1回きりの経験なら書き出す必要はありません。

 

<5:不の経験>

⇒不とは頭文字に不がつく言葉の経験です。
例えば不便・不満・不憫・不自由・
不親切・不得意などです。

 

またはあなた以外の誰かが日常生活で
不のつく経験を受けた・受けていると
感じた・感じている経験を知っていれば全て書き出して下さい。

 

<6:悩みの経験>

⇒あなた自身またはあなた以外の誰かが
今まで(現在も)悩んでいた(いる)経験が
あれば全て書き出して下さい。

 

<7:達成の経験>

⇒どんなに些細な事でも構わないので、
自分でこれは達成した!と思える経験を
全て書き出すして下さい。

 

ご注意:

例えばこれから○○の資格を取るという
経験を積む可能性もあります。

 

もちろん未来の経験も当然ビジネス
になる可能性はありますが、

 

現時点での経験ではないので
現段階ではビジネスにはなりえません。

 

しかしその経験をどうしても付け加えて
進めたい場合は、未来のある時点でその経験を
通してビジネス展開していると仮定して進めて下さい。

 

ちなみに○○の資格を取る為にだったら、
学習の経験になります。

 

これまでの人生を振り返って、
ご自身の経験を上記7つの経験という
軸から一度棚卸ししてみて下さい。

 

現在ビジネスを実践されている方なら
一番多いのは現ビジネスの過去の実績が
中心になりますので

 

1番目の仕事の経験あるいは
達成の経験が主軸になるとは思います。

 

補足として、もしこれから取り組みたいという
分野があるなら、その知識を得る為に
関連書籍は最低5冊以上読んで下さい。

 

またここで自分の生まれた環境を一度
深く考えてみる事もオススメします。

 

どのような家庭環境で生まれたのか?
それは一体何の意味があるのか?

 

という事です。

 

私のクライアントで現在は別事業を行っていますが、
3代目である彼は現在の実績を使って、後継者専門の
コンサルタントになるべく日々勉強しています。

 

それは後継者として生まれた宿命を考え、
同じような人達で苦しんでいる人達を
救いたいという想いから出て来ました。

 

私で言えば祖父が元政治家・父親が
有名国立大学卒業の大企業重役という家庭で
生まれ育ちエリートサラリーマン教育を受けて来ました。

 

そのレールから外れた時から「エリートには負けない」
という潜在的な気持ちを抱えて小さな会社や個人事業の
支援をしているベースになっています。

 

この時大切な事はざっくりと決める事です。
あまり細部にこだわると決まりません。

 

どのような軸あるいはコアを持ってビジネス展開するのか?
あるいは今のビジネスの軸・コアは一体何なのか?
という意識でざっくり決めて下さい。

 

長くなりましたので次回、
その経験を元に展開していく方法をお伝えします。

 

集客の学びを止めた瞬間、事業運営も止まる

お問い合わせはこちら