顧客のニーズ/ウォンツ分析

顧客のニーズ/ウォンツ分析を検討する事は大切です。  

当たり前ですがニーズ(必要性)は緊急性に優れ、 ウォンツ(欲求)は緊急性に乏しい傾向があります。

 

効率良く集客にレバレッジをかけるには ニーズに訴える商品・サービスの方が集客を かけやすいという事があります。

 

簡単に言えば、解決商品・サービスで 打ち出すという事です。

 

その商品・サービスで悩みが解決する事が 一番の売れる近道です。

 

そのために縦軸にニーズ(必要性)、 横軸にウォンツ(欲求)のマトリックスを 作るとイメージしやすいで す。

 

ここでレバレッジをかける為にはニーズもウォンツも 高い右下のカテゴリーに入る顧客層です。

 

例えば野菜宅配の事業を行っている場合に 野菜は近所のスーパーでも普通に買えます。

 

近所のスーパーではなく宅配でわざわざ取り寄せる人は どのようなニーズが高い人でしょうか?

 

足が悪く外出できない高齢者かも知れません。 身体に気を遣う妊婦さんかも知れません。 同じく身体に気を使う病弱な人かも知れません。 

例えば上記のようなマトリックスに顧客層を当てはめてみます。 右下のカテゴリーに入る層はニーズもウォンツも高い層、 つまり最優先で商品・サービスを届ける顧客候補になります。 頭の体操も兼ねて一度このマトリックスをノートにでも書いて 色々な顧客層を当てはめてみて下さい。 そしてあなたの商品・サービスはなるべくニーズの高い顧客 に寄せるというイメージを忘れないようにしてください。  

集客の学びを止めた瞬間、事業運営も止まる

お問い合わせはこちら