湘南でビジネスのポジショニングを波乗りで見極める?

今回はサーフィンを例に挙げてビジネスでとても大切な
ポジショニングについて考えてみましょう。

あなたがこれからサーフィンを
するとします。

まず波のある海を選びますね。

 

続いて波に応じてサーフボードを
選びますね(スネ・ヒザならロング、
ムネ・カタならショートなど)。

 

実際に海に入って波待ちして
テイクオフが取れる位置に移動して
パドルして波の方向に応じて
ライディングします。

 

サーフィンするのに当たり前に
行動しているそのルーティンですが、

ビジネスでも全く同じです。

最終的にテイクオフが楽にできる
絶妙の位置につける事(ポジショニング)
をビジネス
でも意識していくことが大切です。

そのためには海という市場を
選ぶ必要があります。

例えば海=建設業界

その中で起きている波という
市場の特定エリアを選びます。

例えば波=戸建住宅販売

波に応じてサーフボードという
マーケティングツール(集客・販売・
フォロー)を選びます。

例えばサーフボード=住宅展示場で
対面営業販売、購入後のアフターサービス

テイクオフができる絶妙な
位置に行くためにビジネスでは
以前もお伝えしたUSP(ビジネスの独自提案)が
必要になります。

例えばテイクオフの絶妙な位置
=シングルマザーに特化した坪単価
10万以下の戸建住宅販売

これらを見極めるためには・・・

自社(自分)の軸となる経験を
洗い出し市場を選ぶ必要があります。

ライバルのポジションを見極める
必要があります。

波が実際に起きているのか?
起きそうなのか?を時代と共に
見極める必要があります(ポケベルを
今の時代に売るのは厳しいように)。

そのために対象とする顧客像は
どんな相手なのか見極める必要があります。

その対象となる顧客像にとって魅力の
ある商品・サービスのコンセプトを
組み合わせたり、削減したりして
磨いていく必要があります。

そして適切な商品メッセージを届ける
マーケティングツールや販売方法を
見極める必要があります。

端的にまとめちゃうと・・・

誰に何をどう売るか?

です。

それがなぜ選択される(購入)
のか端的に言えるまで詰めて考えてみてください。

 

 

 

 

集客の学びを止めた瞬間、事業運営も止まる

お問い合わせはこちら